×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヒルナミン錠の効能

ヒルナミンについて

 

ヒルナミン 薬を使わずに鬱病を克服する方法はこちら

 

ヒルナミンは、うつ病や統合失調症など、幅広い精神疾患に使われるお薬です。気持ちを落ち着かせ、神経の高ぶりを鎮める効果が期待できます。ヒルナミン錠の副作用としては、眠気、頭痛や眩暈(めまい)、便秘などがあります。ヒルナミンには、寝つきをよくする作用もあるので、不眠症でも処方されることがあります。

 

ヒルナミンは精神安定剤(メジャートランキライザー)で薬の効果はかなり強力です。効き目が強いのでうつ病や総合失調症に伴う幻覚・幻聴・妄想など様々な、症状に処方され、催眠効果も強いので不眠の治療にも用いられる事があります。効き目が強い反面副作用もそれなりにでますが、重症化することは稀で、口が渇いたり手が震えたり、便秘になったりといった軽い副作用が多いです。そんなヒルナミンなどのメジャートランキライザーの副作用で一番多いのは体重の増加ですが、断薬に成功すれば体重も徐々に戻っていきますので、そこまで心配しなくても大丈夫です。

 

離脱症状はヒルナミンの服用期間にもよりますが、よく効く薬なのでヒルナミンが無いと不安で眠れないと言った感じの依存症になりやすいと言う事がいえるでしょう。ヒルナミンは催眠効果が強いので当然の事ですが、すぐに眠れる状態で服用してください。服用後は間違っても自動車の運転などはしないよう心がけてくださいね。


時給の高い仕事